旅行・移住

グアムへの渡航2022海外旅行するなら書類やPCRの現状8月25日更新

日本では観光地に人が増えて、沖縄でも夏休みはたくさんの旅行者さんが訪れています。

海外へ出かけている方が、少しずつ増えてきてはいるものの、日本の規制がまだ、それほどゆるやかではない現状です。

今回はグアムを例に、どんな準備をすればいいか政府の情報をもとにお伝えできればと思って記事を書いています。

グアムへの渡航2022書類やPCRの現状

グアムへ海外旅行する最低条件としてはこちら

ワクチン2回以上接種済であること

こちらが証明できないと飛行機に乗せてもらえません。

日本からグアムへ入国するとき必要なもの

日本から出国時、陰性証明は必要ありません。必要なのは以下です。

・パスポート

・日本政府発行のワクチン接種証明書

・グアム電子税関申告書

・JAL利用の場合、宣誓書

グアム観光局による情報はこちら

https://www.visitguam.jp/covidtest/

グアムから日本へ帰国するとき必要なもの

9/7(水)よりワクチンを3回接種済みであれば陰性証明書の提出が免除される予定です。

・パスポート

・グアム出国72時間前以内に受診したPCRの陰性証明

現在のところ、旅行者向けの無料PCR検査が行われているのはこちら

・ホテルニッコーグアム

・ハイアットリージェンシーグアム

・パシフィックアイランドクラブ・グアム

・ザプラザショッピングセンター

こちらの無料プログラムは9/30までとなっていますが、今後変わる可能性もあります。

PCRの結果は24-48時間以内にでますが、グアムのことなので、少し余裕のあるスケジュールで予定を立てるのをおすすめします。

今まで3日でグアムへ行けたのも現在は最低4日間くらいは組んだ方が良さそうですね。

今回の記事以外にも、youtubeのことや、動画編集についても記事を書いているので、参考にしてください。