YouTubeの疑問

【YouTubeエンディング作り方】動画編集iPhoneやスマホで作成する方法

Youtube サムネイル

YouTubeのエンディング映像はチャンネルを伸ばすためにも欠かせない演出です。

この記事ではYoutubeエンディングの作り方について説明していきます

実はアプリを使ってすごくカンタンに作成できるので最後まで読んで参考にしてください

エンディング動画を工夫することは

チャンネルを伸ばすためには欠かせない大きな要素です………..!

スマホだけでYoutubeのエンディングを効果的に作成する方法を

今回解説していきます。

わたしのチャンネルはこちらです。

この動画は全てiPhoneで作成しているので、これから動画編集をiPhoneでやってみたい方に参考になると思います。

【Youtubeエンディング作り方】動画編集iPhoneやスマホで作成する方法

youtubeの動画の終わりに、

・チャンネル登録のボタン

・再生リストの紹介など

・次の動画など伝えたいことを

貼り付けて訴求することができます。

(この画面の設定をしていないと、動画をみている側としては、誰のチャンネルだったかもわからなくなってしまうこともあります。)

スマホ、PCどちらを使っても設定できます。

まだyoutubeを始めたばかりの方や、まだ使ったことがない方は

便利な機能なのでぜひ設定してみてください!

豊富なデザインから選んで使える無料アプリCanva

Youtube
まずはエンディングだけ別に作成し、あとで動画に追加する方法です!

Canvaというアプリを使って終了画面を作っていきます。

無料アプリで、豊富なデザインの中から作成できます。わたしはいつも使っているアプリで、何年も利用しています。

  1. 好きなデザインテンプレートを選んで
  2. 好きな自分の写真を当てはめていきます(大きさや配置も自分で調整)
  3. 文字を配置していきます

デザインテンプレートの色味も変更することができます。

この画像はほんの一例です、Canvaで作成すると画像がキレイなので
満足いく仕上がりにできますよ!

Canva Pro

プラスの要素からtwitterやインスタなど他のソーシャルメディアのアイコンを選んで
無料で使うことができます。

王冠マークが出てくると課金プランになってくるので

よく検討してから、必要であれば課金することも可能です。

右下の+マークから必要な要素を選んでたくさん追加していくことができます。
必ずyoutubeの規定サイズ16:9にすることを忘れないようにデザインしていきます。

私の場合、課金はしていません、無料ツールでも十分かなと思っています。

動画編集アプリVLLOには課金しています。

 

Youtubeエンディングに欠かせないアプリPhontoも使い文字入れ

 

Canvaの中にも豊富なテキスト文字がありますが、Phontoというアプリの方がよりテキストの種類が豊富です。

デザインが豊富にそろっていて、たくさん作れるのでおすすめです。

わたしはCanvaとPhonto両方合わせて使っています。

(一つのアプリで完結すればもっと楽ですが、無料アプリを使い分けています )

2つのアプリ利用でも、スマホ上でタップするだけなので簡単です

好きなフォントスタイルで動画のイメージを変えることができますので、フォントを選ぶだけで時間がかかってしまうこともあります。

見やすさ重視で選んでいけば、視聴者の方に伝わりやすいと思います。

ここまで紹介した内容は
デザインが好きな方にとっては使いこなせる機能が多いので楽しいと思います

さらにはじめての方でも素敵な画像を作成することができます!

意外と終了画面に手を抜くと、youtubeでチャンネル登録が増えなかったりします。

終了画面設定をしっかり行うのは実は
チャンネル運営に欠かせない要素です!

 

Vyondを使ってキャラクター設定

Vyondというアプリを使えば、キャラクターデザインを設定し、より親近感を持ってもらうこともできます。

Vyondではアニメーションで動く写真や文字を使い、視聴者に向けてさらに印象つけることができます。

普段から顔出しで、自分を売っていきたい方は、自分の顔写真を使うのがいいと思いますが
イラストもおすすめです。

まとめ

youtube動画編集をiPhone中心で運営している方向けの、終了画面のデザインや編集について今回は解説していきました。

アプリを使って作成すれば無料で簡単に作ることができるので短時間で作成が可能です。

伝えたい要素をしっかり組み合わせていけば効果が出ると思うのでぜひ試して見てくださいね。

今回紹介したアプリは

・Phonto

・Vyond

Canva Pro

 

こちら以外にも便利なアプリはたくさんありますが、今回はアプリを使った方法を紹介しました!

この記事の内容参考にすぐ活用してみてくださいね!